前へ
次へ

虫歯検診でレントゲン

初めての歯医者に行くと、歯の表面だけでなくアゴ全部のレントゲンを撮影してくれる場合があります。
自分も初診の歯医者でレントゲンを撮ると言われ、お金もかかるしなぜ撮るのだろうと疑問に感じたので質問してみました。
すると、表面的には見えなくても歯の付け根の骨やアゴの骨に異常がある場合もあるので、安全な治療のために撮影するということでした。
自分のレントゲンは問題なかったので、そのときはあまり納得できませんでした。
しかし、友人が歯医者でレントゲンを撮ったところ、表面は何の異常もないのに歯茎の深いところにまで炎症が進んでいたことがあったそうです。
彼女は昔から虫歯が多く、ちょこちょこ歯医者にいっては銀歯にしたり詰め物をしていました。
そのときに見逃されていた炎症が、ずっと歯茎の奥で進行していたそうです。
昔から虫歯が多い人、レントゲンをきちんと撮ったことがない人は一度アゴ全体を撮っておくと安心かもしれません。

Page Top