前へ
次へ

口臭にも関係してくる虫歯

虫歯はできてしまうと口臭にも影響を与えることになります。
虫歯は細菌が歯の表面を溶かしてしまい、内部にまで入り込んでしまう症状です。
細菌から発せられるガスなどによって口臭もきつくなるということがあるので、口臭が自分でも気になってきた場合には、歯科医院で虫歯がないかどうかをチェックしてもらうとよいでしょう。
治療を行うことによって、口臭も解消をさせることができる、ということになるので悩みも解消をさせることができます。
年齢を重ねると口腔内の環境も変わってくるので、口臭がきつくなることもありますが、歯の質も加齢とともに変化をしてくるので、今まで丈夫だった歯でも年齢とともに劣化をしてしまうことがあります。
ですから注意をしながらケアをしていくとよいでしょう。
口臭がどうしても気になるという場合には口臭対策を行っているクリニックに足を運んでチェックをしてもらうとよいでしょう。
そうすることで原因も追究出来るかもしれません。

Page Top